初めての3線

3sin.jpg
突然、三味線が欲しくなった。
それも沖縄三線。

調べてみると思ったより安いようです。
合成皮で一万円前後で出品されていて
本皮でも3万円位から。


もっと安いものではカンカラ3線などは
5000円程度でも販売しています。


■カンカラ三線の歴史
カンカラ三線にはルーツがあります。
沖縄は終戦直後、人や物など失うものが多く、
人の心もすさんでいました。
そんな中で沖縄の人々の心の支えだったのが
唄と三線だったのです。しかし、
沖縄三線の多くが戦火で失われしまいました。
そこでアメリカ軍から支給された
ミルク缶の空缶とベットなどの廃材で棹を作り、
沖縄三線の代用として完成したのが
カンカラ三線なのです。

買ったのはもちろん初心者ですので破れにくい
人口皮を選びました(10600円)

届くのに沖縄から船便で5日ほどかかりましたが
届いた3線はなかなかよく出来ていて
立派な作りです。

いつの日か涙そうそうなどを弾いてみたいです。

この記事へのコメント

  • まゆみ

    新しいことを始める勇気
    とても素敵ですね(^^)v

    少しずつ頑張ってくださいね\(^o^)/
    2017年05月28日 10:15
  • ひろっさん

    がんばります。
    2017年05月28日 10:47