自作パソコン

jip1.jpg

最近、PCパーツも安くなっているみたいなので
一台組んでみました。

以前に組んだのは、ほぼ10年前です。
無事、完成出来るか不安でしたが挑戦してみました。

今回、使うパーツは5品のみです。

●まず、マザーボード
 コンパクトなPCを作りかったのでMini-ITXを
 選びました。ASRock H370M-ITX/ac    ¥11,927


●CPUはCore i3-8100 BOX         ¥14,418


●メモリーは今まで8G以上使ったことはないのですが
 安くなっているので8Gを2枚で16Gです。
F4-2666C19D-16GNT DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組¥6,990


●記憶装置ですが昔ならハードディスクですが
 最近ではSSDです。
ハードディスクより小さく処理速度が速い。
また、SSDも最近では(M2、SSD)という規格で
以前のSSDより1,6倍速くなっているし
大きさもメモリーより小さいぐらいの大きさ。
取り付けもマザーボードにネジ止めするので
配線いらずですっきりします。
M2.SSDシリコンパワー SSDで256GB。
3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3
シリーズSP256GBP34A80M28        ¥6,580


●電源はグラホも何もつけないので、300Wあれば十分。
 小さくて軽量な MicroATX用電源
 オウルテックSFX電源Ver3.21 300W
 80PLUS FSP300-60GHS         ¥4,445


合計44、360円

これで完成!

jip1.jpg


jip2.jpg

jip3.jpg
今回はケースなしでこのまま使うつもりです。
ケースなしだと組み立ては30分もあれば出来上がりです。

自作パソコンは経験のない人には難しそうですが
各パーツは決まった所、決まった方向にしか
取り付け出来ません。
組み立てるだけなら女性でも小学生でも
だれでも簡単に出来ます。
用意したパーツは5品、30分もかかりませんでした。

組み立てよりその後のwindowa10のインストールの方
経験が無いと難しいかも。
検索すれば、たくさんのサイトがあります。


OSはMicrosoftのサイトより「Windows 10 のダウンロード」
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
よりダウンロードしUSBメモリーに保存してPCを
立ち上げればインストール出来ます。

インストール途中プロダクトキーを入力するのですが

一年ほど前にオークションで1000円で買った
プロダクトキーを入れてみました。
どうせ使えないだろうと思っていましたが
そのキーを入力してみるとなんとインストール出来ました!
Microsoftアカウントもワンドライブも普通に使えています。

いろいろ調べてみると実際はプロダクトキーも要らず
プロダクトキーを入力画面で「プロダクトキーがありません」をクリックすれば
次にすすめ最後までインストール出来そのまま使えるようです。

これは自分のPCがwindows10で使えるかなど
実験的に使ったり、ちょっとした試用・長期的な使用
に関してもお金を払う必要はないようです。

(windows10を無料で使う。)などで検索してみてください。
色々なサイトでYouTubeなどでも紹介されています。
ただ、使っていると画面の右下に、うっすらと
「windowsのライセンス認証設定を開き、windowsのライセンス認証を行ってください。」
と出ます。
私の場合もやはり出ています。

このまま使っている人もいるようですが
このまま使うことはやはりライセンス違反かも?

近いうちにプロダクトキーを買うつもりです。

この記事へのコメント

  • まゆ

    自作パソコン、
    こんなに短時間で作れるなんて
    驚きとともに
    とても尊敬します。
    これからもどんどん頑張って下さい。
    2020年05月30日 00:38
  • みや

    拝見しました やりますねぇ
    自分も自作にはかなり興味がありますので
    勉強になります ドローンも興味があり 参考にします
    2020年06月18日 00:54