プロジェクタースクリーン電動化!

FUTi93tXq405grZVGgDqG09B_KTD9NSZBLpGW_y2dzP-SPnSh9UI6SaEiwtUwEZ9iR8iq4CX0FbX4WS8DxfFNEd-yF-yMwPUX8rjP1ozzngsymtx1z0mxGeGWJSPYWFYU_SGE4oTRZXTbGnwI59IP9Uj8tgRPfRnWNZKuLES1vM94YEhPEXP3pJGoDl4JZGCddtrnLBqUTDFx2q.jfif
現在、チェーンタイプの100インチスクリーンを
使っているのですが、体が不自由な私は
自分でスクリーンの上げ下げが出来ず不便に思っていて
いつかは電動スクリーンにしようと思っていましたが
面白い商品をみつけました。




数日前にテレビ紹介されていた
Blind Engine(ブラインドエンジン)です。
数年前からあったみたいですが知りませんでした。
ロールカーテン用ですがプロジェクタースクリーンでも
使えそうです。

使用可能なサイズ、重さは2、5m×2,5mまたは7kg

現在使っているスクリーンは100インチですが
ペーパスクリーンで2,2kgと軽いので十分使えます。

少し、高いような気もしますが電動スクリーンに
買い替えるより安上りです。

取り付けは、窓のチェーンの下側にかけます
チェーンがたるまないように下に引っ張りながら
ネジ、両面テープで止めるだけです。

jj.jpg




 あと
●スケジュール機能

 日時、時間、何%上げるかを設定できます。
●ジオフェンス機能(Welcome GoodBye)
 帰宅、外出時に自動で上げ下げ出来ます。

他にも「Amazon Alexa」、「Googleアシスタント」に対応して
音声操作が可能です。
AlexaではBruntスキルを検索して有効にしBruntスキルに
ログインするとデバイスに追加されます。
そのままだと
- アレクサ、(※ 機器名)をつけて
- アレクサ、(※ 機器名)を消して
- アレクサ、(※ 機器名)を50%にして
と、なって少し変です。

私は定形アクションから(スクリーンを上げて/下げて)に
変更しています。

ロールカーテンはもちろんですがプロジェクタースクリーン
にも使え便利です。

いつかは電動スクリーンと思っていたので
使ってみると物凄く便利です。

この記事へのコメント