BETAFPV BETA65S Lite

540x.jpg

BETAFPV BETA65S Lite

値段が安い(4500円位)のでプロポと一緒に買ってみました。

通信方法(プロトコル)はトイドローンでよく使われているBayang。
簡単にバインドできると思っていましたが
何回やってもバインド出来ません。

設定ミスなのか、もしくは機体が悪いのかプロポが悪いのか判断出来ません。

機体をもう一台、BETAFPV BETA65Sを買ってみました。
プロトコルはfrskyでよく売れています。

やはり設定が出来ていないみたいで飛びません。
今回は国内のショップで買ったのでメールで相談してもらって
設定の仕方を教わって、なんとかバインド出来ました。

設定のやり方を理解出来たので先日買った
機体KK-TINYX 8Xも飛ばせるようになりましたが
やはりBETA65S Liteはバインド出来ません。

いろいろな方のブログに書き込み、相談してみると
この機種はゴーグルかモニターが無ければ設定出来ないそうです。

レースに出るつもりはないのでゴーグルまで買えませんので
しばらく放置していました。

ちなみにモニターなら1万円位、ゴーグルは4万円位します。

先日、外国人の動画を見ていて同じように設定してみました。
もちろん英語は理解できませんが見たままにやってみると
バインド出来ました!!

忘れないうちにブログにアップしておきます。
普通、アーム用に5ch、フライトモードに6chだと
思うのですが動画ではBETA65S Liteに使うスイッチは
アーム用にch6でフライトモードに10chを使っていました。
意味があると思いますが私には分かりません。
--------------------------------------------
arm(アーム)用にch6--- simple
SW0Courve(Min/Max)
Scale(100)Offset(0)
---------------------------------
modeフライトモ―ド用にch10--- complx 
Mixers(3)Page(1)Switch(A0)
Corve(Fixed)Scale(125)

Mixers(3)Page(2)Switch(A1)
Corve(Fixed)Scale(0)

Mixers(3)Page(3)Switch(A2)
Corve(Fixed)Scale(-125)







この記事へのコメント